News

【入選者紹介】ACT ART COM - アート&デザインフェアー2017 - リキテックス部門

お知らせ
2017.06.13

 

本企画は、「ACT ART COM - アート&デザインフェアー2017 -」にて、バニーコルアートブースでの作品展示/販売権をかけたコンペディションです。

バニーコルアートが初出展となるACT ART COMメインエリアにて、リキテックスとウィンザー&ニュートンで描かれた作品の展示/販売を行います。

ご応募くださいました皆さま誠にありがとうございました。

会期の前ではありますが、リキテックス部門 入選者10名の作品をご紹介いたします。

 

○作家名 TAKEKIYO

○作品タイトル MiNimald's

○作品コンセプト
最小限の色数、最小限のピクセル数というフォーマットでいかに鑑賞者に、一般的に多くの人の知っているであろうイメージを連想させるか?
また、いかに世に溢れているモノ達をアイコン的に認識しているか?という確認。

 

○作家名 成田 真梨菜

○作品タイトル 擬態

○作品コンセプト
人によって見え方が違う作品に仕上げたかったので無意識で描いた線と点の組み合わせで
表現しました。

 

○作家名
David John Talor (デイヴィッド  ジョン  テイラー)

○作品タイトル
Aerial (エアリアル)

○作品コンセプト
タイトルの "Aerial" (エアリアル)は飛行機から遥か彼方から見下ろした想像上の景観を表している。そして、その中央にある黄色い構造体から放たれるレイライン(Ley line)が、自然の偉大なる力を誘引する。

 

○作家名 阿部 風華

○作品タイトル「TTX」

○作品コンセプト
色の重なりや鮮やかさ、異素材のテクスチャなどの物としての魅力と、絵の世界観を演出する為の仕掛けとしての魅力が持つ中毒性を毒を持つヒョウモンダコをモチーフにして表現した。

タイトルの「TTX」はヒョウモンダコの持つ毒、テトロドトキシンの別称である。

キャンバス自体への着色、透明な塩ビ板の裏表に施した着色、オーガンジーへの染色とメディウムによるコーティング、ホットボンドによるテクスチャ、アクリル絵具とメディウム、ニスなどによる発色や筆跡の差別化など、一つのキャンバスに色々な表情を持たせた。


○作家名 陶山傑

○作品タイトル
やらねばなるまい(2時ごろ)

○作品コンセプト
緊張感とユーモアが同時に漂う画面を目指しました。

 

○作家名 九里藍人

○作品コンセプト
何層も透明なレイヤーを作り、モチーフの輪郭やパーツが画面上に広がり前後関係が分からなくなる様な夢や目眩に似た空間を創りたいです。

 

○作家名 佐藤 晃

○作品タイトル ドライブ

○作品コンセプト孤独感 スピード感

○作家名 伴野久美子

○作品タイトル 「色を放つ」シリーズ5

○作品コンセプト 色彩による空間表現

 

○作家名  堤 岳彦

○作品タイトル Octopus

○作品コンセプト 必要最低限の要素でモチーフを描いています。技法は絵具を粒状に飛ばすスパッタリングです。

 

○作家名 大蔵隆介

○作品タイトル 誰の肖像

○作品コンセプト
アクリル絵具の速乾性をメリットと捉え、誰であるか特定出来ない人物を特定手段の一つである指紋に絵具を付着させて表現しました。

※掲載順不同

 

■入選者展示
2017年6月22日(木)-6月25日(日)

http://www.actartcom.com/

皆さま、是非足をお運びくださいませ。

 

 

 

 

News一覧へ


Page Top